佐野市縁の芸術家(望月 省三)

望月 省三(もちづき しょうぞう)

水彩画家

明治24年~昭和29年(1891~1954年)

「熱海梅林」
1935年
日本水彩展出品
市立赤見小学校蔵
「石灰山の午後」
1948年
第3回現代美術展出品
「小中人丸神社」
1944年
略歴

1891年、安蘇郡赤見町(現佐野市赤見町)に、赤見小学校の教員であった父、望月夏之助と、赤見の旧家の娘であった母との間に次男として生まれた。父の夏之助は、もと松江藩士の子として生まれたが、明治維新によって上京し、教員となって赤見小学校に赴任してきたのである。

省三は赤見小学校に学んだが、1901年、尋常4年生の時、父の足尾小学校転任により赤見の地を離れた。その後画家の道を目指して上京し、日本水彩画家会の創設に参画。水彩画家として、日展無審査の地位にまでになる。

太平洋戦争中は家族と共に故郷の赤見町に疎開したが、1950年に再び上京し、1954年に63歳で永眠する。

現在、佐野市立赤見中学校には、「麦打ち」、赤見小学校には「熱海梅林」と題した2枚の水彩画がそれぞれ飾られており、どちらも市指定文化財の指定を受けている。

関連ページ

佐野市縁の芸術家
松本 哲男 | 高橋 由一 | 人間国宝 田村 耕一 | 三井 安蘇夫 | 小堀 鞆音 | 村田 良策 | 小林 草月 | 望月 省三 | 田村 了一

現在活躍中の芸術家
吉本 義人 | 島田 文雄 | 笹川 むもん | 江田 惠

タイトルとURLをコピーしました