佐野市縁の芸術家(小林 草月)

小林 草月(こばやし そうげつ)

日本画家

明治35年~昭和61年(1902年~1986年)

「遊鯉」
1962年
「寂苑」
1981年
「白川女」
1983年
略歴

1902年群馬県太田市に生まれ、はじめ田崎早雲の高弟田中草辰に師事し、のちに小室翠雲の門下に入る。

当時の日本南画院展に連年出品し、この時期の入選作品には「野あざみ」、「七面鳥」、栃木県立美術館蔵「迎春」がある。

1939年佐野市に居を定める。戦後、翠雲門下の仲間たちと「南画院」を設立し、同人として参加する。1946年画壇の巨星である松林桂月を中心として「日本南画院」を設立。理事に就任する。後に、桂月らの脱会と行動を共にし、「後素会」(1962年設立)の設立に参画する。後素会出品作には佐野市庁舎大会議室を飾る「遊鯉」等がある。

この頃より中央画壇の政治的、権威的雰囲気を避け、東急百貨店においての自由な個展主体の作家活動に専念するようになる。個展は毎年1回、1986年に永眠するまで開催された。

事実、それ以後の作品は、南画出身の日本画家として気韻生動と言われる南画の精神と技法をもとに、日本画の気品と香りを醸しだし、晩年になるほど益々色彩あでやかな明るい画風を現出している。その領域は、花鳥画から山水、風景、人物に至るまで、豊富である。

他方では、草雲、翠雲の衣鉢を正しく継承したということから、両名及び奥原晴湖の責任鑑定家として斯界に貞献した。

画集に、『望山荘画集』(小林保雄編)、『小林草月』(笠間稲荷美術館編)がある。

関連ページ

佐野市縁の芸術家
松本 哲男 | 高橋 由一 | 人間国宝 田村 耕一 | 三井 安蘇夫 | 小堀 鞆音 | 村田 良策 | 小林 草月 | 望月 省三 | 田村 了一

現在活躍中の芸術家
吉本 義人 | 島田 文雄 | 笹川 むもん | 江田 惠

タイトルとURLをコピーしました