佐野市縁の芸術家(高橋 由一)

高橋 由一(たかはし ゆいち)

日本近代洋画の創始者

文政11年~明治27年(1828年~1894年)

「鑿(さく)道八景第一景」
西那須野郷土資料館所蔵
「花魁」
明治5年(1872)
重要文化財
東京芸大美術館所蔵
「鮭」
明治10年(1877)頃
重要文化財
東京芸大美術館所蔵
略歴

1943年、佐野市で島田隆の次男として出生。世界中を旅し、各地の壮大な景観をキャンバスにした日本画家。院展のホープとして知られた。1828年に佐野藩主・堀田摂津守正衡の家臣、高橋源十郎の子として江戸藩邸に生まれた。

日本の近代洋画の先駆者として、幕末から明治時代にかけて活躍。その独特な画面構成と写実的な表現方法は評価が高く、「鮭図」「花魁図」(ともに東京芸術大学美術館所蔵)は、国の重要文化財に指定されている。

幼少の頃既に画家としての資質が見られたが、堀田藩で武術の指南役を務めていた祖父の源五郎は、由一を後継者にと厳しく鍛えた。しかし、もともと体が弱く、病気がちのため祖父もあきらめ、絵の道へ進むことを許された。

狩野洞庭より運筆法を学び、ついで狩野探玉斎らに日本画を学んだが、嘉永年間に洋製石版画(リトグラフ)を見て感激し洋画習学の念をおこした。1862年川上冬崖の指導を受けるが、なお外国人の指導を受ける必要を痛感し、1866年横浜に住むイギリス人画家チャールズ・ワーグマンを訪ね入門する。

1873年日本橋浜町に画学教場「天絵楼」(1875年に「天絵社」と改称。)を創設、年末に「海魚図」を宮内省に献上する。1876年工部美術学校の創設に当り、明治政府から正式に招聘されたイタリア人アントニオ・フォンタネージより、洋画の画論技法を学び、その影響を受ける。

また、キャンバスや油絵の具の製造を指導し、国産化に成功するなど、西洋画の啓蒙に尽力し、1894年に67歳で永眠するまで西洋画一筋に歩み続けた。

関連ページ

佐野市縁の芸術家
松本 哲男 | 高橋 由一 | 人間国宝 田村 耕一 | 三井 安蘇夫 | 小堀 鞆音 | 村田 良策 | 小林 草月 | 望月 省三 | 田村 了一

現在活躍中の芸術家
吉本 義人 | 島田 文雄 | 笹川 むもん | 江田 惠

タイトルとURLをコピーしました